新しいホームページ

新しいホームページ

https://www.ehon-ookinaki.com/ 


続きを読む »

老化現象の話で恐縮ですが...

 

 二、三年前からのことになりますが、店に出るときなどにネクタイをすることが多くなりました。といっても、20年以上前からスーツを着なくなりましたから、ネクタイをするといってもスーツ姿でいるわけではありません。相変わらずのジーンズ姿に、ニットのネクタイをしているだけですが、「えっ、三四郞さん、どうしたんですか?」と聞かれることがあります。「オシャレでしょ?」と答えるのですが、本音を言うとそうではなくて、いつのことからか首が冷えるようになってきて、どうしたものかと思案していたのですが、そうだ、この手があったと思い立って始めた防寒対策なのであります。店内で一日中マフラーしているというのも何なんで、これ、なかなかいいアイデアでしょ。


続きを読む »

またまた訪れた台湾でしたが...

またまた訪れた台湾でしたが...

 またまた台湾に遊びに行ってきました。昨年は2泊だったけど今年は3泊。妻と二人、遅い夏休み旅行です。夏も無人島やら沖縄やら、いろんなところに行っているので、いつも遊んでいるように思われていますが、一応それらは全部仕事なので…、とまずは言い訳。

 台湾の一番の目的は食べることかな。そして活気あふれるごちゃごちゃした町。台北にはこのごちゃごちゃしたところが各所にあって、夜市はどこも観光の目玉となっています。今年はまず昨年行っていない迪化街(ディーホアジェ)の町へ。狭い道路に雑多な店がひしめき、車やバイクも遠慮なく突っ込んできます。アジアを旅行される方はぜひご注意いただきたいのですが、たいていの国では歩行者優先ではありませんからね。


続きを読む »

野外塾にはなぜ個性的な子が多いのか

野外塾にはなぜ個性的な子が多いのか

 忙しかった夏ももう終わり。毎年、夏はあっという間に過ぎてしまうような気がするのは僕だけでしょうか? 夏の終わりに寂しさを感じます。

 さて、何が忙しいのかというと、夏休み中はいろいろイベントがあるからですが、中でも当店が主催するおおきな木野外塾ではキャンプなどの恒例プログラムがあります。今この文章を書いている時点で、沖縄ざまみツアー(3泊4日)が残っていますが、7月には、昆虫採集キャンプ(1泊2日/岐阜市三田洞ながら川ふれあいの森)、無人島サバイバルキャンプ(3泊4日/岡山県倉敷市)をやり、8月には、おっぱらサマーキャンプ(2泊3日/高山市清見大原)がありました。準備も本番も大変ですが、どれも楽しいことだらけで、野外塾のない夏は僕には考えられません。


続きを読む »

現憲法が180度変わってしまったら...

 

 今さらという感じがしないでもありませんが、皆さんは日本国憲法の三原則とは何かご存じですか? そうですね。1. 国民主権 2. 戦争放棄 3. 基本的人権の尊重 の三つですね。戦後に生まれた日本国民は、小学校や中学校で民主主義について学び、この三つの原則がいかに大事なことであるかを教えられました。


続きを読む »

「たいせつなこと」 新しいCDまもなく発売

 

 『たいせつなこと』(マーガレット・ワイズ・ブラウン作、レナード・ワイスガード絵、うちだややこ訳/フレーベル館)という絵本があります。この「つうしん」でも何度かご紹介したこともある絵本ですが、アメリカで発刊されたのが1949年、大変古い絵本です。日本語版が出たのは今から15年前になります。雨にとって大切なのは「瑞々しく潤す」ということ。草にとって大切なのは「輝く緑である」ということ。空にとって大切なのは「いつもそこにある」ということ…と、森羅万象から身の回りのものまでが、あるがままの姿であるということが大切であり、最後に、あなたにとって大切なのは「あなたが あなたで あること」と結んでいます。


続きを読む »

強い国よりも温かい国になってほしい

 

 ご近所のことを悪く言うような話でちょっとどうかなとは思ったのですが、かの三代目独裁者がふんぞり返っているお国の話です。先日、36年ぶりに朝鮮労働党の党大会が開かれたんだそうな。核保有国として世界の列強と肩を並べている国なんだぞーと世界にアピールする一大イベントだったようです。


続きを読む »

ひ弱だった僕の子ども時代のエピソード

 

 またまた大地震が起きてしまいました。熊本は何度も訪れたことがあり、知り合いの同業である児童書専門店もあるので、大丈夫だろうか、何か困っているのではないかと心配をしていました。一週間ほどしてからメールをしてみました。すると翌日には返事があり、皆さん体の方は無事で、「みんな必死でがんばっています」ということでした。僕が岐阜で経験した地震は、阪神淡路大地震の時の震度4が最大で、そのときですら大慌てだったのに、震度7とか6とか、想像を絶します。一刻も早い復興を祈るばかりです。

 さて、今回は地震とは全く違う話題です。


続きを読む »

子どもの生きる力を育む「野力(のぢから)」

 

 桜の花も咲き始め、いよいよ本格的な春がやってきました。そんな中、当店が主催する「野外塾」では先日(3月20日)、春の野草を料理して食べるという恒例プログラムを行いました。岐阜市内とはいえ、のどかな田園風景が広がる伊自良川(長良川の支流)の河川敷をベースにして、土手やあぜ道などに生えている草をとってみんなで料理をします。えっ、食べられる草なんか生えてるのっておっしゃる方もあるでしょうが、あるんです。お目当ての草は、カンゾウ(ヤブカンゾウ)、ツクシ、ヨモギ、ノビル、カラスノエンドウ、タンポポなどですが、みなさんお分かりですか?


続きを読む »

あれから5年が経ったけれど...

 

 もうすぐ3月11日がやってきます。あの震災からもう5年も経つんですね。地震と津波で全電源を失い、未曾有の事故を起こした福島第一原発(フクイチ)。その避難者は未だに住んでいた家に帰ることができません。家も仕事も地域社会も失い、そして家族や親戚や友人たちとも離ればなれになってしまった多くの人たち。その方たちは今どんな気持ちで過ごしていらっしゃるのでしょうか。津波で家や家族を失った人たちの悲しみとはまた違った、どこに持って行ったらいいのかわからない怒りがあるのではないかと想像します。


続きを読む »
1  2  3  4  5  6  7  8  9  |