「よい絵本」ではなくて、「ウケる絵本」を

 

 先日、父親向けに「イクメンのすすめ」といったテーマでお話をさせていただく機会がありました。イケメンではなくイクメンとはなんぞや? 今やそんな説明は不要な時代になりましたね。聴いていただいているお父さんたちは、おそらくうちの息子と大して歳は変わらない世代です。ああ~、僕の子育て時代はもうずいぶん昔のことになってしまったわけだ。


続きを読む »

世の中も町もずいぶん変わったこの22年

 

 明けましておめでとうございます。おおきな木が始まって22年目のお正月を迎えることになりました。早いものです。先ほどお店に来られていたお客様もおっしゃってました。「昔、この店には娘を連れてよく来てたんですよ。その娘が今は母になって、今日は孫へのプレゼントを買いに来ました」と。年末年始になると、久々にご来店いただく方も多くて、懐かしさに話が弾んだりもします。22年やってきて、本当にいろんな方とお知り合いになることができて、微力ながら子育てのお手伝いもさせていただいたわけです。


続きを読む »

バレンタイン、ハロウィーン、そして クリスマス

 

 今年もクリスマスが近付いてきました。ついこの前お正月を迎えてたような気がするのですが、あっという間に一年。何なのでしょうね、このスピード感。

 ところで、クリスマスの習慣はいつごろから日本にあったんでしょうね。僕が生まれたのは高度経済成長前というか、戦後ドサクサのちょっと後ぐらいですが、物心付いたころには、ちゃんとサンタクロースが来てくれて、朝目が覚めると枕元にブリキでできたおもちゃがおいてありました。サンタクロースとクリスマスはもうすでに定着していたと思われます。


続きを読む »

CD第4弾の制作、ようやくスタートです

 

 「杉山さんの本業はいったい何なんですか?」と聞かれることがちょいちょいあるんですが、答えは決まっています。「本屋」、あるいは「絵本屋」。でも、ま、たしかに、自分がいったい何屋なのか分からなくなってるようなとこもあるので、ちゃんと原点に返って本屋らしい仕事をというわけで、先日、半年ぶりに東京へ出張してきました。


続きを読む »

「国民の命と平和を守る?」安保法

 

 「今は国民の理解は得られていないが、時間が経れば国民の理解はひろがっていく」。安倍首相は先日の国会でこんなようなことを言ってましたね。これってものすごく国民をバカにした言い方じゃないでしょうか。いくら説明しても君たちには分かりっこないよ。黙って私に着いてきなさいってことでしょ。「今は嫌いでも、結婚してくれればそのうちきっと僕のことが好きになる」と言われて強引に結婚させられたみたいな話ですよ、国民からすれば。

 


続きを読む »

のどかな絵本ライブお座敷列車

 

 岐阜には長良川鉄道という超ローカルな鉄道があります。国鉄時代には越美南線といっていましたが、今は民営化されて長良川鉄道。文字通り長良川に沿って走っているのどかな列車で、車窓から見える景色は山と川、そして田畑とまばらな家だけです。川では長竿を操る鮎釣り師が点々と縄張りを作り風景に色を添えていますが、天然の資源に恵まれた川なんですね。


続きを読む »

安倍さん、日本を取り戻さないで下さい

 

 集団的自衛権の行使を可能にする安保法案が強行採決によって衆議院を通過してしまいました。ご存じのように、この法案は多くの国民が反対、もしくは慎重審議を求める声を上げ、憲法学者たちの9割以上が憲法違反であると判断しているにもかかわらず、数の力で押し切ったわけで、まさに世論無視、憲法無視の暴挙です。昨年暮れの戦後最低投票率の衆議院選挙で自民党は6割以上の議席を占めましたが、あの選挙で安倍さんが訴えたのは、アベノミクス是か非か、消費税増税先送り是か非かであって、安保法制にはほとんど触れていませんでした。それなのに…。やり方がキタナイ。だまし討ちです、これは。実際、総選挙後の世論調査で、自民党に票を入れたという人の約半数は集団的自衛権の行使容認には反対という結果がありました。


続きを読む »

おいしくって、あったかい異文化体験

おいしくって、あったかい異文化体験

 先日、久々に海外に行きたくなって二泊三日の台湾旅行に行ってきました。ここ数年、近隣のアジア諸国を巡っていますが、どこもみなそれぞれのお国柄があって、異文化体験を楽しんでいます。

 台北までは飛行機で2時間半。空港では若い男性のガイドさんが出迎えてくれました。他の日本人客を待っている間、「台湾の人のことはどう呼んだらいいんですか?」とおバカな質問をしてしまいました。そうしたら、「台湾人。絶対、台湾人。中国人じゃない」と強い言葉が返ってきました。ひょっとしたら、自分たちこそ中国人だという意識を持っているかも知れないとちょっと思ったのでそんな質問をしてしまったのですが、「そうか、台湾人(Taiwanese)でいいんだ」とちょっと気が楽になりました。中国は認めてないのかも知れませんが、独立国としての誇りを感じました。


続きを読む »

「野力(のぢから)」で育ってきた二人の高校生

 

 おおきな木で行っている野外塾に、N君とI君というちょっと変わった二人の高校生がいます。彼らは小学校・中学校と同級生で、N君は小4、I君は小1のときに入塾し、以来毎月のプログラムにほとんど参加しているので、野外塾では子どもにも親にもよく知られた存在です。高校受験を控えた昨年度も秋まではほとんど欠かさず参加し、高校が決まるのを待って、野外塾の子どもたちのお兄さん・お姉さん的存在である「Yフレンド」として登録をしました。


続きを読む »

桃太郎の「正義」とは何か?

桃太郎の「正義」とは何か?

 日本の昔ばなしに登場する正義のヒーローはといえば、やはり桃太郎ですよね。金太郎や浦島太郎ではない。この「桃太郎」の話を小学校の道徳の授業で取り上げている先生がいるという記事が、先日の中日新聞に掲載されていました。テーマは、「桃太郎の『正義』とは何か?」。愛知県西尾市で道徳の教科指導員を務める先生が行った小学六年生の授業です。


続きを読む »
« 前の10件 |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  |