変人?落合監督、8年間ありがとう!

 

 11月20日、長かった今年のプロ野球は終わりました。といっても、最後まで試合を続けていたのは、セ・リーグの覇者中日ドラゴンズとパ・リーグの覇者ソフトバンクホークスの2チームのみ。リーグ優勝を果たした2チームがクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本一をかけて闘っていたのです。そしてこの日本シリーズも第7戦までもつれこみ、最後の最後で我が中日ドラゴンズは力尽き、完全優勝という悲願を達成することはできませんでした。大変残念でしたが、今思えば、今年のドラゴンズはいつもなら調子が出てくる夏に勝率5割を切ったり、首位ヤクルトとのゲーム差は10ゲームもあったりで、8月になって、「ま、今年の中日は終わったな」なんて思ってましたから、そこから這い上がってリーグ優勝連覇を成し遂げたということだけで、僕たちの夢を叶えてくれたわけです。


続きを読む »

キャンプは「行き当たりばったり」で...。

キャンプは「行き当たりばったり」で...。

 秋も深まって来ました。紅葉のシーズンです。岐阜県の平野部では11月後半が見頃ですが、奥美濃や飛騨地方は10月半ばから紅葉が始まっています。そこで先日、野外塾(当店主催)初のプログラムとして奥飛騨温泉郷で「紅葉温泉キャンプ」をしてきました。
 天気予報はあいにく二日間とも雨模様。集合場所でバスに荷物を積み込むときにはもう降り出していて、覚悟を決めて出かけました。ところが飛騨の方はほとんど雨は降っていなくて、平湯トンネルを抜けたあたりからは見事全山紅葉です。そしてキャンプ場に着くと散り際の紅葉ががんばっていて、地面はモミジの絨毯が敷かれています。しかし、そんな景色にうっとりしているのは大人だけで、子どもたちはそんな気配は全くなく、まずお風呂に行きたいばっかりです。


続きを読む »

マスコミ報道と「風評」の落とし穴

 

 9月2日、野田新内閣発足。8日後の10日、鉢呂経済産業大臣が失言で辞任。またまた何ともお粗末な新内閣スタートとなりました。
 しかし、このニュース、僕にはどれだけ聞いても、「何で辞任なの?」って感じでよくわかりません。鉢呂さんは野田首相に同行して福島第一原発を視察し、「人っ子ひとりいない」その周辺市町村の市街地を見て、「まさに死の町だった」という報告をしたんですよね。これって事実じゃないですか。そして、「放射能付けちゃうぞ」発言も新聞各紙によって報道内容はまちまちで、事実はよく分からない。それを「放射能汚染によって避難を強いられている人たちへの配慮が足りない」とマスコミは大騒ぎをし、鉢呂氏を辞任にまで追いやってしまいました。鉢呂さんはその数日前、「原発ゼロ発言」をして、敦賀市長などから抗議を受けたりしているのですが、これも辞任劇に結びついているのではと勘ぐってしまいます。


続きを読む »

「青い星」地球にいることを実感できる島

「青い星」地球にいることを実感できる島

 今年もあっという間に夏が終わってしまいました。夏が終わるというのは、なんか淋しいー気持ちになるのは僕だけでしょうか? アツーい夏が終わってほっとしている方もあるでしょうね。でも、夏はやっぱり暑くなくちゃ、と僕は思うんですけど。
 先日、当店主催の「野外塾」で、今年もまた沖縄県座間味島に行ってきました。このツアーの前数日、東海地方はずーっと猛暑が続いていたにもかかわらず、沖縄の最高気温は那覇市で30℃前後、座間味では25〜26℃という涼しさが続いていました。なんか沖縄に避暑に行くような感じだなあ、そんなだったら海で泳ぐ気にもならないかも…とちょっと心配でした。しかし、我々のツアー期間中はまた暑さが戻り、4日間、ギラギラの太陽のもと、南国の海を堪能してきました。


続きを読む »

つらいつらい、わが家の「断捨離」

 

 今から18年前、僕は「おおきな木」を始めるために、17年間勤めていた会社を辞めました。そのことに比べれば大したことはないのかも知れませんが、今また、我が家にとっての転換期を迎えています。築45年の家を取り壊して新築することになったわけです。
 じつはもう何年も前から構想はあったのですが、親の代から住んでいたこの家を壊すとなると、その荷物をどうするのか、それを考えただけで恐ろしくなってきてなかなか決断がつかず、ついに、「借金ができるぎりぎりの歳」になって「今しかない」となったわけです。


続きを読む »

いよいよ発売! 3rd CD『子どもたちよ』

 

 最近の政治関係のニュースは、毎日「菅降ろし」の話題で持ちきり。国民には、菅首相の何がいけないのかさっぱりわかりません。東日本大地震被災地の復興に向けて、日本国民がひとつになってがんばろうという声が広がっているというのに、政治家さんたちは権力闘争に明け暮れ、ひとつどころかみんなばらばら。民主党は先の代表選挙で菅さんを選んだわけだから、それこそ党がひとつになってバックアップしていくというのがスジだろうと思うのですが、何ですか、あの野党が提出した内閣不信任案に賛成するとか欠席するとかいう、政治的駆け引き見え見えのすったもんだ。ほんとに、そんなことやってる場合かよ!というのが、今、日本国民の大半が思ってることじゃないでしょうか。


続きを読む »

クラクション──中国異文化体験の旅を終えて

クラクション──中国異文化体験の旅を終えて

 犬はワンワン、猫はニャアニャア、では車は? なぜかブッブーですね。でも、日本ではやたらこのクラクションを鳴らすのは道交法違反でもあり、いつもブッブーと言って走っているわけではありません。ところが、お隣の中国では道路のそこら中からクラクションの音が聞こえてきます。
 じつは先日、中国の世界遺産を巡るツアーに参加してきたのですが、まず北京で迎えてくれた中国人のツアーガイドの方からご注意が。「日本では歩行者が優先ですが、中国では車が優先です。ですから、車にはくれぐれも注意して下さい」とのこと。信号がありますが、歩行者は誰も守りません。車はとにかく人より先に行こうとして、しょっちゅう追い越しはかけるし、割り込みはするし…。これがあたりまえ。ですから、「どけどけー」というクラクションがそこら中で鳴り響くわけです。


続きを読む »

おおきな木つうしん200号で〜す!

 

 おおきな木がオープンしたのは、1994年5月5日。もう17年も経ってしまいました。先日、店にやってきた赤ちゃん連れのお母さんが、「子どものころ、この店、ときどき来ていたような気がする」とおっしゃってましたが、ガーン!ですね。あのころ僕はまだ若かった…。今はどこから見てもおっさん。久々に会った知人が僕のおなかを見て、「三四郞さん、出てきましたね」だと。「何を言うか。今に始まったことではないわ」と、威張ってみてもしかたがないんですが、反論できない自分が悲しいです。
 


続きを読む »

今こそ日本を元気に... 東日本大地震復興に向けて

 

 3月11日金曜日、午後2時46分。それが悲劇の始まりでした。国内観測史上最大といわれるM9.0という巨大地震。震源地は三陸沖ですが、岐阜でも震度3が計測され、そのとき店にいたスタッフはお客様と顔を見合わせて、「揺れてますね」と言いながら、しばらく身動きできずにいました。情報を得ようとインターネットやテレビなどで確認したら、なんと東北地方で震度7が観測されているというではありませんか。
 


続きを読む »

伊奈波通(いなばどおり)と岐阜まつり

 

 昨年1月にこの欄でご紹介した、おおきな木の向かい側にあった大衆食堂「丸信」。じつはその後、突如閉店となってしまいました。70年の歴史に幕を閉じたわけですが、惜しむ声は各地から上がっており、週に一度は利用していた僕としても、ああ、あの中華そばにワンタン…!、ああ、あのカツ丼…!、惜しまれて仕方ありません。
 そして、その半年後、やはり同じ号でちょっと触れた洋菓子屋さん「イチダ洋菓子店」も閉店。僕のアイスクリームの原点がかつてあった店だったのに…。これも惜しまれて仕方ありません。
 


続きを読む »
« 前の10件 |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  |