2016年7月の新刊

新しく出た本をご紹介。 

         


 

きもだめし.jpg 

絵本/2〜3歳から

 

きもだめし

 

新井洋行 作、絵
講談社 ¥1188

 

あなたは怖いものは好きですか?大好き!ぜんぜんへっちゃら~。そうですか、ではこの絵本のページをめくってもいいですか? 行きますよ…。めくりしかけをひろげると、幽霊、がいこつ、ろくろ首など次から次へと飛び出して来ますよ。最後のページまで行きつけるかな? 夏の読み聞かせにおすすめ。


 

バナーナ.jpg 

絵本/2〜3歳から

 

バナーナ!

 

藤本ともひこ 作、絵
講談社 ¥1080

 

バナナは英語で…? そう、バナーナ! ゾウの鼻もウサギの耳もみんなバナーナ! ともかくバナナがいっぱい。その度みんなで、バナ~ナ!と大きな声で言っちゃいましょう。なぜか不思議と楽しくなってくる魔法の絵本です。作者の藤本さんが、8月におおきな木にやって来ますよ。もちろんこの絵本もんでくれるはず。みんな「生」バナ~ナ、聞きに来てね~!


 

ふしぎなかさやさん.jpg 

絵本/3〜4歳から

 

ふしぎなカサやさん

 

みやにしたつや 作、絵
金の星社 ¥1404

 

 

森の中にたぬきの傘屋さんがありました。そこで売っている傘は不思議な傘。傘を開くと、傘に描いてあるものが降ってくるのです。魚の絵なら魚が、お寿司の絵ならお寿司が。傘を閉じると効き目は消えちゃいます。こんな傘あったら楽しそう。あなたなら何の絵選びますか?


 

みちくさしようよ.jpg 

絵本/3〜4歳から

 

みちくさしようよ!

 

はたこうしろう、奥山英治 作
はたこうしろう 絵
ほるぷ出版 ¥1404

 

 

六年生のおにいちゃんと一年生の弟。今日は下校時間がいっしょ。通学路から離れて兄弟でみちくさです。すると、そこには普段出会えない風景や生きものが。モンシロチョウの幼虫、桑の実、ヒキガエルの子ども、ありんこ、アリジゴク…。寄り道ってワクワクしますよね。そして、こんな兄弟いいですね。


 

アリスのうさぎ.jpg

読み物/小学高学年から

 

アリスのうさぎ

 

斉藤 洋 作
森泉岳土 絵
偕成社 ¥1404

 

 

図書館で児童書相談員としてアルバイトをしている「わたし」の元には、なぜか不思議な体験談を語る人が集まってくるのでした。「模擬試験の前日に問題が書かれた本が現れた」と言う男の子。「山で遭難した時うさぎに導かれて助かった」と言う女の子。なんとも奇妙なお話が4編入っています。夏休みの読書にいかがですか?


  

レイさんといた夏.jpg 

読み物/小学高学年から

 

レイさんといた夏

 

安田夏菜 作
講談社 ¥1512

 

 

中1の莉緒はひっこしたばかり。おまけに転校する前の学校でいじめに遭い、夏休みだというのに引きこもり状態に。そんな莉緒の元に幽霊が…。この幽霊、自分が何者だか思い出せずにいるのでした。幽霊の記憶を取り戻す手伝いをするうちに閉ざされた莉緒の心に少しづつ変化が…。驚きの展開に引き込まれていきます。