2016年8月の新刊

新しく出た本をご紹介。 

         


 

 みんなにゴリラ.jpg

絵本/2〜3歳から

 

みんなにゴリラ

 

高畠那生 作、絵
ポプラ社 ¥1058

 

各ページにちょっと変わった形の穴があいているこの絵本。ページをめくると、あれれ? ママもパパもイヌもみ~んなゴリラになっちゃった。「おかたづけしなさ~い」って言ってるママが「ウホウホしなさ~い」なんて言ったり、「そろそろ言ってくるよ」って言ってるパパが「ウホウホ行ってくるよ」だって。ともかく楽しいいたずら絵本です。


 

いかにんじゃ.jpg 

絵本/5〜6歳から

 

いかにんじゃ

 

みき すぐる 作
おおのこうへい 絵
PHP研究所 ¥1404

 

 

ある海辺の村にふらりと現れた旅するイカ。村人は驚いて誰も近寄ろうとしません。イカがお団子屋でのんびりしていると沖の方から大きな音が。貝の海賊が村に乗り込んできたのです。そこへ、凧に乗ったイカが登場! 旅するイカの正体はイカ忍者だったのです…。だじゃれ満載のゆかいな絵本です。


 

おつかいくん.jpg 

絵本/4〜5歳から

 

おつかい おねがい!
おつかいくん

 

鈴木のりたけ 作、絵
小学館 ¥1512

 

 

貝を頭にかぶった男の子。その名も「おつかいくん」。おつかいくんは、いつも誰かにおつかいを頼まれて走り回っています。おつかいくんといっしょに絵本の中を冒険しましょう。えさがし、迷路などお楽しみがいっぱいの一冊です。ユニークなキャラクターもたくさん出てくるので飽きずに楽しめます。


 

よるの星.jpg 

絵本/3〜4歳から

 

さわってごらん! よるの星

 

C. マシソン 作
大友 剛 訳
ひさかたチャイルド ¥1404

 

 

絵本を開くと美しい夕方の空が広がります。そして次のページには一匹のホタルが。そのホタルに優しく触って次のページを開くと、ホタルが光り始めます。そして、そっとホタルに息を吹きかけると、ホタルは二匹に…。こすったり、なでたりと参加しながら楽しめる絵本です。


 

アマミホシゾラフグ.jpg

写真絵本/小学低学年から

 

アマミホシゾラフグ

 

江口絵理 文
大方洋二 写真
大友たろ 絵
ほるぷ出版 ¥1404

 

 

奄美大島の海底で1995年に水中写真家によって発見されたミステリーサークル。一体誰が作ったのか謎のまま時は過ぎ、16年後2011年に小さなフグがサークルを作っているところが目撃されました。新種のフグで、アマミノホシゾラフグと名付けられました。体長10センチのフグが直径2mものサークルを作るなんて驚きです。


  

サバイバー.jpg 

読み物/小学高学年から

 

サバイバー

 

J. プロブスト、C. テベッツ 作
澤田澄江 絵
講談社 ¥1458

 

 

夏休みに、ハワイでヨットの旅を楽しんでいた四人きょうだいは突然の嵐に巻き込まれてしまい、どことも知れぬ島に流れ着きます。そこから、四人のサバイバル生活が始まるのでした。さて、四人の運命は? 手に汗握る展開に目が離せません。続編も出ました。