今あなたにこの一冊 2016年11月

今、話題になっている本や季節のおすすめをジャンルを問わずご紹介。 

         


 

ぬーくぬく.jpg

たくあんと干し芋の食育絵本
絵本/5〜6歳から

 

ぬ〜くぬく

 

飯野和好 作
山本 孝 絵
農文協 ¥1439

秋の柔らかい日差しの元、軒下で干されている大根とさつまいもが何やら話し込んでおります。最初はお互いの自慢話ばかりでしたが、そのうちどちらも干されておいしくなって人の役に立ってるんだ、というところで話が落ち着きます。田舎ののんびりした雰囲気はよく出ている絵本です。癒されます。


 

 かわ.jpg

地図好きな子たちにおすすめ
絵本/4〜5歳から

 

かわ

 

加古里子 作、絵
福音館書店 ¥972

 

御年90歳の加古里子さん。今も精力的に新刊を描き続けていらっしゃいます。その加古さんの54年前の絵本です。山の雪解け水の一滴から始まって、やがて細い流れが集まり、大河となり海までたどりつく様子を描いた壮大な絵本。9月には、絵巻じたてのひろがる絵本『かわ』(¥3240)も登場しました。 


 

いつもだれかが.jpg

 

あなたを守っているのは…?
絵本/小学低学年から

 

いつもだれかが…

 

J. バウアー 作
上田真而子 訳
徳間書店 ¥1836

 

「わしは何をやってもうまくいったんだぞ」。おじいちゃんが孫に語ります。穴におっこちそうになった時も、怖い犬に出会った時も、兵士として戦争に行った時も…。おじいちゃんのそばにはいつも「見守る存在」として天使がいたのでした。人生にはいろんなことがあります。でも何とか乗り越えて生きてきた私たちにもこんな天使がついているのかも…。


 

勉強しなければだいじょうぶ.jpg

勉強するってどんなこと?
エッセイ/大人向け

 

勉強しなければだいじょうぶ

 

五味太郎、聞き手 内海陽子
集文社 ¥1296

勉強というのは、中国語で「無理をして頑張ること」という意味があるそうです(本書より)。あ~何となくわかるなぁと思った方多いのでは? 無理矢理何だかよく分からないままいろんなこと覚えさせられたよなぁ~。今何の役に立ってるんだろう、なんて考えてしまいます。その辺のモヤモヤをズバッと五味さんが語ってくれています。ぜひご一読を!


 

 人生はもっとニャンとかなる.jpg

元気をつけてあげたい人に
フォトエッセイ/中学生〜

 

人生はもっとニャンとかなる!

 

水野敬也、長沼直樹 著
文響社 ¥1512

 

 

世の中猫ブームという話もあるようですが、確かに猫を見ていると癒される気がしませんか? のんびりとマイペースで生きていて(そう見えるだけかも知れませんが)、もっと肩の力抜きなよと言っているようです。そんな猫の写真とちょっとした一言と偉人たちの名言が各ページに載っています。プレゼントにも最適な一冊です。


 

 

 

プラネタリウム.jpg

秋の夜空を見上げてみよう
星空ガイド/小学高学年〜

 

よむプラネタリウム
秋の星空案内

 

野崎洋子 文
中西昭雄 写真
アリス館 ¥1512

 

 

秋は空気が澄んでいて、空がとてもきれいに見えます。夜になれば星もくっきりと見えてきます。詳しく夜空の星について知りたいな、なんて思った方にはおすすめの本です。美しい写真とまるでプラネタリウムにいるかのような語り口で、月や星のことが詳しく語られています。