1/2成人式

 

 今日は地元明郷小学校で、1/2成人式というのをやらせてもらいました。

「何を話したらいいですか?」と担当の先生に聞いたら、「仕事の話をしていただければいい」ということでしたので、それならと引き受けました。といっても、4年生に僕の仕事のことやその思いをどうやって伝えたらいいのか、これはなかなか難問です。

結局、僕はいつも子ども向けの仕事をしているわけなので、まずは、絵本を読んだり、歌ったりすれば、みんな喜んでくれるんじゃないかなということで、ギターを担いで出かけました。

4年生約70名。なかなか元気のいい子たちばかりで、みんな遠慮することなく、どんどん僕に突っ込んできます。始めから、みんな知り合いみたいです。確かによく知っている子も何人かいたんですけどね。

最初の歌から、みんな大きな声で歌ってくれました。そして、言葉遊びをやってみようということで、「究極のしりとり」をやったり、「早口ことば」で遊んだり…。子どもたちに乗せられて、いろいろパフォーマンスしてしまいました。
写真を見せながら野外塾の話もしました。みんな、「いいなあ」「いいなあ」ってうらやましがってましたね。
こんなことをしながら、僕は、「言葉」と「自然」という二つを自分のテーマにして「おおきな木」をやってるんだヨー、みたいな話につなげたわけです。
そして、先日、高校でも読んだ絵本『ぼちぼちいこか』。あんまりがんばりすぎないで、ぼちぼちいきましょうというメッセージを送ってきましたが、彼らはどんなふうに受け取ったんだろう?
そして、もちろん、最後に僕の歌「子どもたちよ」を歌って締めました。
終わった後、子どもたちが、「握手してー!」「サインしてー!」と群がってきましたから、ま、気に入ってくれたんだろな。
校長先生始め、先生たちもみなさんにこやかで、学校の雰囲気もいい感じ。こちらこそ、どうもありがとうございました。

コメント

ここのところ過密スケジュールでお返事が遅れてしまいました。コメントをいただきありがとうございました。
あの翌日、子どもたちが書いた感想文が届きました。受け止め方がいろいろあったみたいですが、彼らのゆかいで正直な思いがひしひしと伝わってきて、笑いと涙をいただきました。
また、早速お店に来てくれた子もいて、うれしかったです。これからもよろしくお願いいたします。

三四郎さん、こんにちは。

明郷小学校の1/2成人式を子どもと一緒に聞かせていただいた母親です。

このページをなんと子どもが見つけてきました。
どうやら学校の『自主学習』で、三四郎さんのことをもっと知りたい!と思って、たどりついたようです。
「お母さ~ん、○○たちのことが書いてある!」
と興奮してました。

ついつい「がんばれ」と背中を押してばかりで(プレッシャーを与えてばかりでっていうべきかな?)、なかなかぼちぼちでいいよと言ってあげられる大人っていませんね。
子どもたちもうれしかったのではないでしょうか。
そんなに早く大人にならなくていい…の歌詞のように、もっともっと日々大切に味わいながらゆっくり過ごしたいなと思いました。
1/2成人式の機会にすてきな言葉や歌をありがとうございました。

子どもたちは今、夢や職業について調べていますが、40歳でおおきな木をはじめられたと聞き、私たちの世代だって夢を持てる!と私もまた元気づけられましたp(^^)q(余談ですが…)

おたより、ご質問など