今あなたにこの一冊 2016年5月

今話題になっている本や季節のおすすめをジャンルを問わずご紹介します。  

         


 

あめふり.jpg

大騒ぎの連鎖、さあどうなる
絵本/4〜5歳から

 

あめふりの おおさわぎ

 

D. シャノン 作
小川仁央 訳
評論社 ¥1404

 

ある土曜日の朝、雨が降り出した。雨に驚いたニワトリが鳴き、ネコがニワトリにうなり、イヌがネコに吠え、赤ちゃんが泣き、あっという間に町は大騒ぎに。さて、これからどうなってしまうの? 日常の風景が雨によって大混乱となる、じつにユーモラスな絵本です。


 

 パパのしごと.jpg

悪者だってぼくのヒーロー
絵本/4〜5歳から

 

パパのしごとはわるものです

 

板橋雅弘 作
吉田尚令 絵
岩崎書店 ¥1404

 

ぼくのパパは筋肉モリモリ。でも、どんな仕事をしているのか知らない。こっそり後を付けてパパの仕事を調べてみると…。えっ?パパの仕事って悪者レスラーだったの…。傷つく息子に優しく自分の仕事の大切さを説く父の暖かさにほんわかする絵本です。 


 

えんまのはいしゃ.jpg

 

嘘も方便?
絵本/4〜5歳から

 

えんまのはいしゃ

 

くすのきしげのり 作
二見正直 絵
偕成社 ¥1296

 

生前のいい加減な治療で地獄に落とされそうなほら吹き歯医者。ここはひとつ得意のほらで地獄行きを阻止せねば。そこで歯医者は、「自分の腕は天下一。勇気ある人は少しも痛くない」と言い、鬼たちの治療を始めるのですが…。


 

デリカシー体操.jpg

たまには脱力も必要です
スケッチ集/大人向け

 

デリカシー体操

 

ヨシタケシンスケ 作、絵
グラフィック社 ¥1296

『りんごかもしれない』などで大人気のヨシタケさんのスケッチ集。何気ない日常のエピソードがヨシタケさんの手にかかるとおもしろいものになってしまうのが不思議。ヨシタケさんが作家になるまでのショートストーリーもあります。脱力系のイラストを眺めて、あなたも脱力しませんか。


 

マッチ箱.jpg

移民の歴史が詰まった小箱
絵本/小学中学年から

 

マッチ箱日記

 

P. フライシュマン 文
B. イバトゥーリン 絵
島 式子、島 玲子 訳
BL出版 ¥1728

 

 

イタリア生まれの貧しい少年は字が書けなくて、日記の代わりにマッチ箱に思い出の品を詰めることにしました。一箱にひとつずつ…。時は流れ、マッチ箱を開けながらひ孫にその思い出を語るのでした。貧しかった子ども時代、辛かった移民時代を鮮やかに描き出した絵本です。


 

光る生物.jpg

 

 

世の中は不思議だらけ
写真図鑑/小学高学年から

 

光る生き物 DVD付き

 

大場裕一 監修
学研 ¥972

 

世の中には発光体を持った不思議な生物が存在します。身近な例ではホタルとか…。そんな光る生物をたっぷりの写真とDVDで紹介しているのがこの本です。ホタルはもちろん、キノコ、ミミズ、カタツムリ、イカなど、こんなに光る生物はいたのかと驚いてしまいます。この夏、光る生物探ししてみませんか。