ことば塾 2011.8.11 小麦粉粘土遊び

ことば塾 2011.8.11 小麦粉粘土遊び

昨年まではお休みだった8月のことば塾ですが、皆様のご希望で今年は行うことにしました。お盆直前ということや、夏風邪が流行っているということもあり、今回の参加は男の子3人とそのお母さん。そして、職場体験実習に来ている中学生のお姉さん2人も一緒に参加してくれました。

 

最初はいつものように三四郎さんのギターに合わせて跳んだりはねたりスキップしたり。亀、うさぎ、ひこうき、汽車、怪獣、いろいろなものになりました。

一汗かいたら、次は絵本。今日の絵本は、高畠純さんの最新作「ぞうさんのおとしあな」、今月の新刊「のりものつみき」、動物たちの表情が衝撃的な「へんなかお」、三四郎さんの3rdCDに収録されている「あるのかな」、いろんな野菜が沢山出てきて楽しい「おやおやおやさい」。この「おやおやおやさい」はダジャレと語呂合わせが愉快なので、ことば塾に来てくれる2歳前後の子どもたちには難しいかと思いきや、いつも大人気なのです。

さあ、そして本日のメインイベント。今日は小麦粉粘土を作って遊びます。

小麦粉にお塩を少々。少しずつ水を足しながらヘラで練ります。サラダ油を少し足してさらに練ります。なんだかお料理みたいです。ある程度まとまったら、手でこねこね。粘土状になれば、小分けにして、食紅で色をつけます。色をつけない白と食紅で色をつけた赤、緑、黄色の小麦粉粘土ができました。お口に入れても安心な材料でできています。美味しくありませんけどね。

ここからは自由に粘土遊び。クッキー型で花や星やハートに抜いたり、長〜くのばしてヘビを作ったり。いろいろな粘土を混ぜ合わせて個性的な色の粘土を作ったり。お母さんたちも一緒にコネコネしてタコさんウインナーやマグロのにぎり寿司、ペロペロキャンディーなどなどいろいろ美味しそうなものもできました。できあがったものをお弁当箱に詰めて、輪ゴムでパチンと留めたらお弁当のできあがり。カラフルなお弁当をみんなお家に持って帰りました。

お塩は防腐剤代わりのようですが、表面が乾いてひび割れてきたり、季節柄カビてきたりするので、残念ながらあまり長持ちはしません。簡単にできるので、お家でも作って遊んでみてはいかがでしょうか。

暑い日が続きますし、夏風邪も流行っているようなので、お体に気をつけて下さいね。

次回のことば塾は8月25日です。

written by みか(おおきな木スタッフ)

 

おたより、ご質問など