ことば塾Bコース 2013年1月24日 トントンずもう おおきな木場所

ことば塾Bコース 2013年1月24日 トントンずもう おおきな木場所

 Bコースのことば塾も全員出席。

スキップマイルーから始まりましたが、絵本を読んで欲しいというリクエストがあり、スキップマイルーは少し短めに。さっそく絵本の時間となりました。

 

絵本は『ぼくのトイレ』から。以前読んでもらった『ぼくのおふろ』のシリーズ第2弾です。いろんなトイレがあります。見返し部分からたくさんのトイレが並んでいます。細かい絵をじっくり見たいみんなはだんだんさんしろうさんの方へ集まっていきます。いろんなトイレを見た後は、さがし絵。とんがりあたまのけむくじゃらを探しますが、これが結構大変。時間をかけて探します。

『おとうさんはウルトラマン』。最初のプロローグみたいなセリフが長くて難しくて、「なにがはじまるんだ?!」という空気になりますが、その壮大な感じから本編の各エピソードのほのぼのさへのギャップがたまらない。

『スモウマン』。この絵本も、見返しのところから相撲の決まり手がたくさん並んでいます。聞いたことがあるものもあれば、初めて耳にするものも。まずは、みんなで四股を踏みます。ドスコーイ、ドスコーイ。片足ずつ足を上げて、上手に踏めるかな。四股は体に良いとかどっかで聞いた気がするので、私も一生懸命踏みました。では、本編へ。スモウマンが、いろいろな技を繰り出してわるものから女の子を救います。絵をじっくり見ると、あそびごころ満載でそれは大人の方が楽しいかも。

 

相撲の絵本を読んでもらったところで、今日は、トントン相撲で遊びます。土俵はダンボール箱に円と仕切り線を書きます。力士は紙コップに色紙を貼ったり絵を描いたりして作ります。箱の材質によって力士の弾み方が変わるため、いろいろ試してみると面白いです。今回もいろいろな材質の土俵を使って遊びました。紙コップも、丸のまま使ったり、縦半分に切ったり、伏せたり…といろいろアレンジして強い力士を作ります。あまりにも強く土俵を叩くので、力士が跳ね上がってとんで行っちゃったり、自滅したりもしました。跳ね上がるのが楽しくて、遊び方を変更したことも。動物力士から女の子力士まで、様々な力士ができ、土俵の上でバトルを繰り広げました。帰りには、「家に箱あるよ?」というお母さんの声を聞きながら、ダンボールの土俵を持って帰ってくれました。

 

おたより、ご質問など