ことば塾Bコース 2013年1月31日 振替ことば塾。元気に豆まき!

ことば塾Bコース 2013年1月31日 振替ことば塾。元気に豆まき!

 今日は1月5週目の木曜日ですが、Bグループが12月にお休みになった分の振り替えことば塾です。

イレギュラーな日程だったにもかかわらず、全員が元気に参加してくれました。節分が間近になった今日は豆まきです。まずは、スキップマイルーから。

 

そして、Bコースでは初めての「ロンドン橋が落ちまする」。立候補してくれた橋役の子とお母さんが橋を作り、さんしろうさんの歌とギターに合わせて、みんなは橋をくぐり抜けます。歌が「マイフェアレディ」になったら橋が落ちて、そのとき橋をくぐっていた子は橋につかまってしまいます。つかまったら、橋役交代。何度も繰り返して遊びました。

 

 続いて絵本。

『へんしんトイレ』から。へんしんシリーズは久しぶりです。みんなさんしろうさんと一緒に声を出して、ことばを上手に変身させることができました。

続いてはリクエストで、今度は『へんしんクイズ』。へんしんの仕組みは同じだけれど、ちょっとクイズ形式になっています。やっぱりへんしんシリーズは人気。

次は季節物。穴あきしかけ絵本の『おにはーそと!』。窓から見える鬼に豆を投げるのねずみちゅーたん。でも鬼だと思っていたのは…。

『おにぎりがしま』。少し長いお話の絵本。昔話仕立ての絵本ですが、斬新。絵は親しみやすく、それでいてよく見ると細かい部分が面白い。おにぎりが食べたくなる絵本。

『せつぶんのひのおにいっか』。最後も、節分の絵本。今日は豆まきをしますから、それにちなんだ絵本。でもこの絵本はちょっと変わっています。鬼の一家はのんきににんげんの家でくらしています。でも節分の前の日と当日は大変。うちにも鬼が住んでいるのかも。

 

さあ絵本の後は、工作です。今日は豆まき。鬼のお面をつくります。そして、その面白さから毎年必ず登場する「豆飛ばし装置」もつくります。

 のっけからみんなの気が豆の方に向いていたので、先に豆飛ばし装置を作りました。豆は飛ばしても食べても投げても楽しい。さんしろうさんがお椀に入れてくれた豆はすぐに使い切ってしまい、高いところに置いてあった福豆を袋ごと持ってきてしまったり。そのへんはさすがBグループです。そして、だんだん飛ばす数より口に入れる数の方が多くなってきました。その間に、お母さん方は鬼のお面にとりかかります。紙皿を土台にして、色を塗ったり紙を貼ったり。目の位置に穴を空け、お面を着けられるように紙の帯を付けます。みんなも一緒に作ります。鬼の髪の毛をグルグル書いたり、おかあさんと一緒に上手に鬼の顔を描いたり。ほっぺの赤いかわいい鬼や眉毛の太い強そうな鬼。

 豆飛ばし装置に絵を描いて、「装置」っぽくかっこよく仕上げた子もいました。お面をかぶってみんなで写真を撮りましたが、誰が誰やら(笑)。写真としてはとても面白いのですが。

 

さんしろう鬼をみんなでやっつけて、お豆を拾ってたくさん食べて、今日のことば塾はおしまい。終わってからもさんしろうさんと戦ったり楽しく元気に遊びました。

 

次回のことば塾は2月14日です。インフルエンザも流行ってきているみたいです。うがいと手洗いをこまめにするくらいしかできませんが、次回のことば塾にみんなと元気に遊べるよう、私も気を付けて生活しようと思います。

 

おたより、ご質問など