ことば塾 2014年5月22日 トントントントン紙コップ相撲

ことば塾 2014年5月22日 トントントントン紙コップ相撲

今日のことば塾は始まる前から大騒ぎ。 

れんげちゃん、りょういちくん、ゆうすけくん、らなちゃん、あおいちゃん、ひびきくん、みやびくん

お休み
かずまくん、とうまくん

 

ことば塾が始まるまでの時間、子どもたちの手を持って大人がぐるぐる回るという遊びが自然発生しました。誰のお母さんでも私でも空いてる大人のところに行って回してもらいます。大人の目がグルグルでぐったりしたころ、ことば塾スタート。

スキップトゥマイルーでは「おっとっとっと」「ドボーン」などいつもと違った動きもしてみました。シュッシュッポッポッの汽車が始まるといつのまにか数人が連結して、長い汽車に。スキップトゥマイルーを終わって絵本にしようと思ったら、「色やって」という”タッチ遊び”のリクエスト。タッチ遊びの最後は「おもしろい人にタッチ」。ヘンな顔をする子も、いつも通りにおもしろい子も、みんなにタッチをしてタッチ遊びはおしまい。続いて、絵本をよんでもらいます。

 「だれのじてんしゃ」ヘンな自転車がたくさん出てきますが、それぞれが乗り手の動物にぴったりあった自転車なんです。さて、誰の自転車かな。さんしろうさんの最初のCDに入っています。
「アルパカパカパカやってきて」入荷ホヤホヤの新刊。ことばのリズムが楽しくて絵が愉快な絵。
「ぶたのたね」ロングセラーで人気の絵本。ゾウのマラソンがね…。
「スモウマン」相撲の絵本。相撲の決まり手がいろいろ出てきます。

 相撲の絵本を読んでもらったところで、土俵の登場。といっても、小さな段ボールで作った土俵。今日はトントン相撲です。
段ボール土俵の相対する側面2カ所から割り箸が突き出ていて、それをトントンと叩くと、程よい強さで土俵に振動が起こり、紙コップを縦半分に切ってできたお相撲さんがぴょこぴょこ動きます。でもぴょこぴょこにじれったくなった子が手で段ボールを叩いて、お相撲さんはポーンと勢いよくとんでいくなんてこともしばしば。子どもたちが描いた絵でできたお相撲さんや、絵本のキャラクターのお相撲さん。車の絵のお相撲さん。いろいろなお相撲さんができました。土俵は一家に1個あたるようにさんしろうさんと私で作成。お相撲さんができてくるとあちらこちらで取り組みが始まります。押し倒しや押し出しの他、自滅なんていう決まり手も多かったような。「○○ちゃんのかちー」「△△くんのかちー」勝っても負けても「勝ちー」、なのでみんな勝ちになるときも。片付けをして、帰る前には「人間と人間のお相撲」をしようよ、と言われ、何人かの子たちと押しあっこ。作ったお相撲さんたちと、土俵を抱えてさよならしました。

 

 

コメント

了解です。「のびのびのーん」やりますよ。CDがヘビロテというのも嬉しいです。では明日。

こんにちは。
明日は何をして遊ぶのでしょうか。ワクワク。
最近はりょうくんも楽しみにしていて、車に乗ると「さんしろうさんのとこいく。」と言います。

さて、子供らからのお願いです。
『のびのびのーん』をリクエストです。ここ数ヶ月、「さんしろうさんの青」のCDがヘビロテです。
可能でしたら、ご考慮お願いします。

おたより、ご質問など