ことば塾 2014年6月12日 いろいろ色で折り染め遊び

ことば塾 2014年6月12日 いろいろ色で折り染め遊び

夏前になると、登場するプログラム。紙に染み渡る模様が涼しげだからかな?

らなちゃん、れんげちゃん、りょういちくん、ゆうすけくん、ひびきくん、みやびくん、そうくうくん

お休み
あおいちゃん

 スキップトゥマイルーでスキップするだけで汗ばむようになりました。ちょっと眠かった子たちも元気にスキップ。そして、スキップのあとは、「ロンドン橋がおちまする」。橋役の子が二人でひとつの橋を作ると、さんしろうさんがギターを弾きながら「ロンドン橋がおちまする♪」と歌います。みんなは歌に合わせながら順番に橋の下をくぐります。歌が「マイフェアレディ」になったら、橋が落ちます。その時に橋の下にいて橋につかまったら次はつかまった人が橋になります。橋がやりたくて途中で橋が二つになったり、つかまりたくなくて逃げたり、つかまっちゃって泣いたり。ずっとぐるぐるしているのに、ちっとも「マイフェアレディ」にならない時も。これはさんしろうさんのさじ加減があったりなかったり。

続いて絵本。

最初は、今やったばかりの『ロンドン橋がおちまする』。こんなストーリーがあったんですね。
『はなすもんかー!』これは横長の絵本をさんしろうさんと私とでひっぱりあっこしながら読みました。
『あめぽったん』今の季節にぴったり。
『のびのびのーん』リクエストより。あらかじめメールでリクエストをいただいていました。まずは絵本の前に「のびのびたいそう」。そしてさんしろうさんのギターが始まると、子どもたちはときどき絵本を見ながら音楽に合わせて部屋をぐるぐる。一緒に歌ってぐるぐる。
『じごくのそうべえ』少し長いお話。いつのまにか、みんなのお気に入りの場所である窓際に集まっている子が数人。そこから絵本を見て感想を言っている子もいます。
『だって』「だって」の理由が想像を超えていて面白い。大人も子どもも笑っちゃう絵本。

今日は「折り染め」をします。色を使う遊びは楽しくて、時間も忘れてしまいます。この季節になるとやりたくなるプログラムの一つ。準備としてことば塾が始まる前に25センチ幅の障子紙を30センチくらいの長さに切っておきました。人数×7~8枚くらいの計算で50枚ちょっと用意。みんながさんしろうさんに折り方を教えてもらっている間に、私は色作り。小皿で絵の具を水多めで溶きます。たくさんの小皿にいろいろな色を作ります。でも、作っても作っても追いつかないくらい、みんなどんどん作品を作っていきます。新聞紙の上に作品を広げて乾かします。新しい紙をどんどん「おかわり」。後半になってくると折り染めだけではなく、指や手に絵の具をつけてスタンプしたり、筆で絵を描いたりする子も。たくさんの作品を作って、新聞紙に挟み、持って帰ります。よく乾かして、きれいな紙で工作などしてもまた楽しいですね。

次回はこの折り染めの紙をうちわにします。家で眠っているいらなくなったうちわの紙を剥がして骨だけにしたものを2本くらいと今日の折り染め作品を持って来てくださいね。うちわの紙は水に浸しておくと剥がしやすいです。

(スタッフ みか)

  

おたより、ご質問など