ことば塾 2014年8月12日 蒸し蒸し季節にさわやかおやつ

ことば塾 2014年8月12日 蒸し蒸し季節にさわやかおやつ

お盆はもうすぐ。お父さんやお母さんのお仕事がお休みになる子も多いのではないでしょうか。どこかでお祭りがあるようで、今日は浴衣や甚平で参加の子もいました。 

れんげちゃん、りょういちくん、らなちゃん、じんくん、げんくん、ゆうせいくん

 お休み
ひびきくん、みやびくん、ゆうすけくん、あおいちゃん

 

 8月だというのにじりじり暑い、というよりはかなり蒸される天気が続いています。そんな時は、涼しげなおやつでさわやかな気分になりましょう。今日のことば塾は、「モチモチわらび餅を作って、みんなでわくわく食べよう。」です。

まずはスキップトゥマイルーから。最初はまだ慣れていなかった子もスキップスキップの途中で笑顔が見られ、一人でも走りまわるようになりました。スキップトゥマイルーの最後はタッチ遊び。小さな柄の色も見落とさず、色をたくさん見つけてタッチしました。

体験を経て今日からことば塾の仲間になった子や、お久しぶりの子もいたので自己紹介をしました。輪になって座って自分の名前を言います。ちょっと恥ずかしかったらお母さんに手伝ってもらって自己紹介をしました。

さて、今日は絵本はちょっと後回しにして、まずはわらび餅作りから。わらび餅には待ち時間があるので、絵本はその時までとっておきます。

作業台として足を畳んだままの長机を2脚。それらをきれいに拭いたらもう上にのって遊ぶのはおしまい。材料と道具を用意します。鍋と水とわらび粉、そしてしゃもじ。まだ粉の状態のわらび粉を口にしている子、手と鼻の頭を真っ白にしている子、白いひげをはやしている子…。もう、待ちきれません。鍋にわらび粉を入れ、分量の水を入れてよく溶かします。子どもたちも順番にしゃもじでかき混ぜます。すると真っ白いサラサラの液体ができます。これを火にかけて焦がさないように混ぜ続けます。その間、子どもたちは絵本タイム。

今回は鍋二つ分を一度に作ったので、お鍋その2の番と絵本係をお母さん方に助けていただきました。お鍋その1とその2を時間差でスタート。お鍋その1の液体がもったり重たく半透明のグレーになってきたら、一旦絵本を中断して子どもたちに鍋の変化を見てもらいました。サラサラの白い水がもちもちしてきているのを確認したら、引き続き絵本の時間へ。鍋係は鍋の中身を焦がさないために重たいしゃもじを全力で動かします。鍋その1のわらび餅をトレーに詰め、浅く張った氷水に浸した頃に鍋その2が固まり始めます。鍋その2のわらび餅もよくかき混ぜてもっちりとさせます。水の分量の加減か鍋その2の方は乳白色をしていましたが、しゃもじの重たさは同じくらいになったのでトレーへ。こちらも氷水で冷やし固めます。ベタベタがプルプルになってきたら、トレーに格子状の切れ目を入れ、一口大にして氷水に取ります。これでわらび餅のできあがり。網じゃくしで「わらび餅すくい」が始まったので、慌てて甘いきな粉を用意し、すぐ食べたいのをちょっと我慢してみんなで「いただきます」をしました。あらかじめ冷やしておいた麦茶も夏らしく、楽しいおやつの時間。みんながモグモグし始めると、ほんの短い時間ですが部屋の中が静かに。すくうのが楽しくてお母さんの分までたくさんすくった子もいました。子どもたちもお母さんたちもたくさん食べ、2袋分のわらび粉で作ったわらび餅がきれいになくなりました。

手作りおやつは材料もわかっていて安心ですがやはり時間や手間がかかり、時には買うよりコストがかかる場合も。でもたまには家族で一緒に作ってみるのも楽しいかもしれません。長い夏休み、暑すぎる日や悪天候の日などには、家族で何か美味しい物を作って食べる、そんな過ごし方も楽しそう。

お皿や道具を流しにまとめて、ゴミをゴミ箱へ、机を片付けたら最後は、絵本「おどります」でおどります。さんしろうさんのギターに合わせてみんなでメケメケ~フラフラ~♪。夏らしく、ハワイアンフラダンスっぽいダンスで盛り上がりました。楽しかった〜。

今日、わらび餅が固まるまでの間に読んでもらった絵本は…

ぽんぽんぽこぽこ
いちにちおばけ
あめぽったん
のびのびのーん

次回のことば塾は8月28日(木)です。熱中症対策をしっかりして、元気に遊んで、たくさん食べて、よく寝て、次のことば塾にも元気な顔を見せて下さいね。

 

おたより、ご質問など