ことば塾 2015年9月10日 飛んでけ!紙飛行機

 

紙飛行機は楽しくて、見本もたくさん作りました。おおきな木の2階は紙飛行機を飛ばすにも最適。障害物も少なく、広くて、ぶつからずに長く飛びます。

 

ひびきくん、みやびくん、みことちゃん、あおいちゃん、れんげちゃん、りょういちくん、

体験
ほのかちゃん

おやすみ
そうくうくん

スキップトゥマイルーでは、いつものようにカメになったり、ウサギになったり、汽車になってさんしろうさんを先頭にし、長くつながったりしていました。ところが今日は、思わぬ時…タッチあそびの途中に怪獣の音が流れて、みんなは再び逃げ回ることになりました。さんしろうさんのギターが怪獣の音を鳴らすと、条件反射的に逃げ回り、右往左往します。

輪になって、ごあいさつ。ネコのあいさつと犬のあいさつもかかせません。

続いて、絵本。

『まめうしのあついなつ』

『まんまるおつきさん』

『くりくり』

『まんぷくでえす』絵本のすみずみまで見ると、新しい発見があるかも。

『たぬきのばけたおつきさま』やさしいお話。すこし長いお話ですが、じっくり聞いてくれた子も。

 

絵本が終わると、「今日は何を作るの?」という声。
答える代わりに私がビューンと投げたのは、紙飛行機。
今日はいろいろな紙飛行機を作って、飛ばして遊びます。

見本として作ったたくさんの候補の中から、選りすぐりの、簡単でよく飛ぶ飛行機を3つ紹介。順番にひとつずつ、みんなで折っていきます。

最初は、「これ、飛行機!?」という形の飛行機。ことば塾の定番です。折り紙を正方形のまま折って作る、先が尖った筒のような形。好きな色の折り紙を選んで折ります。手順をゆっくり追いながら、みんなで折り進めます。一カ所折っては、手を止めて確認。折り方は簡単。小さな子も折ることができます。

飛ばし方には少しコツが必要。筒の尖った部分を指で挟むように持って、手を一番高い所まで上げて、スッと押し出すようにして飛ばします。力任せに投げるとうまく行かないので、最初は飛ばし方を教えてもらいながら。慣れてくるとうまく飛んでいきます。飛行機らしからぬ形で、滑るように飛んでいくのは、初めて見るとなかなかの感動。ペンで名前や絵などを描いて目印にします。

続いて、正方形の折り紙の端を何回か折ったあと、持つところと翼の部分を折って、飛行機の形にするだけのもの。これも、軽く飛ばすだけで滑空していきます。グライダーのような飛び方。

折っている最中も、目の前を飛行機が横切ったり、背中にツン、と当たったり。部屋中をカラフルな飛行機が飛び交います。

3つ目。今度は投げて飛ばす飛行機。手数は少ないですが、先端に厚みが出てちょっと折りにくいかも。長方形の紙で折ります。上手に飛ばすと、滞空時間も長く、旋回して戻ってくることもある飛行機。良く飛んで嬉しいです。

最後は、飛行機ではなく、ツクバネ。上から落とすとくるくる回りながら落ちていく、モミジやカエデの種のような折り紙。折り紙を縦に4等分に切って使います。子どもたちは落とす距離が足らないので、椅子に立って落とします。折り紙だけで作るツクバネは、ゆっくりヒラヒラくるくる落ちていきます。

飛行機もツクバネも、いろんな色でたくさん作って、たくさん飛ばしました。

次回のことば塾は9月24日です。すこしずつ日が短くなってきました。朝晩も涼しくなってきましたので、体に気を付けて次回も元気に会いましょうね。

(スタッフ みか) 

おたより、ご質問など