ことば塾2015年9月24日 迷走?混戦?段ボールカー

ことば塾2015年9月24日 迷走?混戦?段ボールカー

はっきりしないお天気の中、傘をさして、みんなが順番にやってきます。眠くてお母さんに抱っこの子も、スキップスキップが始まるとだんだん目が覚めてきました。

ほのかちゃん、れんげちゃん、りょういちくん、ひびきくん、みやびくん、あおいちゃん、そうくうくん

お休み
みことちゃん

 

今日もスキップトゥマイルーからスタート。スキップの合間に、ドテっと転がったり、ゴシゴシゴシと体を洗い合ったり、ぺたっと壁に張り付いたり。カメさん、ウサギさん、ひこうきになり、機関車の先頭はさんしろうさん。蛇行運転でついていくのが大変です。みんなが大好きなタッチあそびもたくさんしました。

 

今日の絵本は、

『ママ なんサイ?』新刊です。いろいろな、○○サイが次々に出てきます。

『まじょがかぜをひいたらね』

『せとうちたいこさん デパートいきタイ』絵本の前につめかけた子たちは、各ページのたいこさんをさがすのに必死です。

『つきよのキャベツくん』

『はたらくんジャー』

『きゅうりさんあぶないよ』これが始まるとなぜかぐるぐる走り始めるこどもたち。

 

さあ、今日も全力で遊びましょう。今回の工作はちょっと大きめなので、見本は別の場所に隠しておきました。直前になって取り出し、説明よりも先に、私が引っ張って走り出したのは、段ボールで作った車。みんなは目を輝かせて「のりたーい」。

では、みんなが好きな形の車を作りましょう。あらかじめ用意しておいた、段ボールを積み上げます。小さな子は、小さめ段ボール。大きな子は、大きいサイズの段ボールを使います。ヨチヨチの弟くん、妹ちゃんたちに気をつけながら、ハサミやガムテープ、時には大人がカッターを用いて、ザクザクと工作を進めていきます。

段ボールのままでも乗り込めるので、深く考えず、後は好きなように切ったり貼ったり。

一番のポイントは、本当にぐるぐる回すことができるハンドルです。固く丸めた新聞紙の棒を作成。次に数枚重ねた新聞紙を細く折って輪にし、十文字に重ねた細い段ボールと新聞紙の輪を合わせます。輪の中心に新聞紙の棒を貼り付けてハンドルは完成。次は、ハンドルをセットする筒を車体の内部に固定します。緩衝材のプチプチが巻き付けられていた紙筒があるので、それを適度な長さにカットし、切り口を斜めに切り落とし、車体内部前方の底に貼り付けます。筒にハンドルの棒を差し込み、できあがり。乗り込んだ際にちょうど良い位置にハンドルが来るよう、棒や筒の長さを考えると良いですが、多少位置が悪くても、ご愛嬌。

車にいろいろなものをくっつけている子もいます。絵を描く子、屋根を付ける子。中にはクレーン車や救急車も。

ハンドルやその他の附属品もそうですが、布ガムテープをこれでもかというくらいフル活用して、力ずくで固定していきます。最後に、車の前部分に目打ちで穴を二つあけ、引っ張り用のヒモを通します。引っ張るとヒモにかかった力で段ボールが切れてしまうので、ヒモを通す部分には段ボールを2重、場合によっては3重、4重に当てて車体といっしょに穴を開け、ヒモを通せば丈夫になります。

できあがった車に乗り込んで、しゅぱつしんこう!大人ががんばって、部屋中を引っ張りまわします。ハンドルをぐるぐるまわしながら、進みます。

最後は、全員横一列に並んでカーレース。自分で自分の車を引っ張って、よーいスタート!ゴールテープを用意してくれた子もいて、テープめざして疾走します。何度も何度も、飽きることなく何レースも。転んだり、途中から参戦したり、スタートとゴールが入れ替わったり、迷レースがくり広げられました。

小雨が降るなか、大きな段ボールカーを抱えて、家に帰ります。家では引っ張り回せないかも知れないけれど、絵を描いたり部品を加えたりしてグレードアップさせて遊んでくださいね。 

(スタッフ みか)

コメント

クレーン車が受けて良かったですね。ナイスアイデアでした。
10月は休会という件、了解致しました。

こんにちは。
前回おうちに着いたら、れんげさんがおりがみケースから茶色を何枚も抜き出して土を作ってくれました。
クレーンで上げ下げ上げ下げ〜〜〜。

さて、残念な連絡です。
10月は2回とも私用でお休みです。
残念です。
では、また(^_−)−☆

おたより、ご質問など