ことば塾2016年11月24日 わっくわくのベッタベタのこっねこね

ことば塾2016年11月24日 わっくわくのベッタベタのこっねこね

家で遊ぶこともできるけど、ちょっと大変かも。そんな遊びもことば塾なら心置きなく楽しめます。今日は紙粘土。

 

あおとくん、とうこちゃん、ひびきくん、みやびくん

おやすみ
あおいちゃん、なぎさちゃん、みことちゃん、 

体験
よしたかくん、しゅうへいくん

 

風邪が流行ってきているのでしょうか。何人かのお休みがありました。

今日は、体験の男の子が二人。広い室内を元気に駆け回ってくれました。

 

まずはスキップトゥマイルー。そして、タッチあそび。輪になって、自己紹介。

続いて、絵本を読んでもらいます。

 

最初は『ぽんぽんポコポコ』。みんなも自分のおなかをぽんぽんします。「ぽんぽんポコポコ…」の最後の「ポコポコぽん!」で面白い顔とポーズをするのが楽しい。さんしろうさんの顔を見て、みんな笑っています。

『いちにのさんぽ』。さんしろうさんのギターと歌で楽しみます。でも、じっと聞いているだけじゃなく、今日は室内をぐるぐるおさんぽしながら。おさんぽして、こんにちはもして、ときどき絵本の方も見て。

『おならうた』。いろんなおならの音がリアルで愉快。つい笑っちゃう。

『まんまるおつきさん』。おつきさんはおいしそうな食べ物に見えて、おなかがすきます。

 

今日は、予告通り、紙粘土であそびました。

汚れてもいい服で、エプロンもあるといいかも、と言ってはいましたが、このお知らせがここまで役にたつとは!いえ、もちろん、想定内です。

 

さんしろうさんが袋から出した紙粘土を半分にカットしてくれます。それをひとつずつもらったら、少しちぎってこねこね。ボールとヘビの作り方を教えてもらいます。手のひらで転がしたり、両手をこすり合わせるようにしたり。ボールとヘビができたら、さあ、あとは自由に粘土で遊びます。

過去に作って保管してある粘土作品の見本も参考に、何を作ろうかな、これが作りたいな、と考える子や、思いつくままに形を作っていく子。お母さんたちも粘土細工に夢中になります。

 

粘土が乾いてきたときのために、バットに浅く水を張って置いておきました。水遊びになるかな、と思っていましたが、みんな水の使い方は上手でした。ただ、加減が難しいのは仕方ない。粘土を水に浸したり、真っ白い手を洗ったり。最終的には、バットの中が粘土か水か、くらいまでになりました。

 

みんな、パンや果物などの美味しそうなたべもの、好きな乗り物、丸や四角などいろいろなおもしろい形のものをたくさん作りました。中には、あらかじめ図鑑を用意したり、アイデアを考えてきた子も。それぞれ、もくもくと、短時間のうちにみるみる大作を作り上げました。

 

できあがった作品たちは、2週間じゅうぶんに乾かしておきます。次回、色をつけましょう。

 

真っ白の手、机、床をきれいにして、今日のことば塾はおしまいにします。

次回は、12月8日。絵の具を使います。これまた楽しいんですよね。楽しみ楽しみ。

 

おたより、ご質問など