ことば塾2016年12月22日 美味しい、楽しい、クリスマス。

 

今日は楽しいクリスマス会。部屋にはイルミネーションで飾り付け。いつもは使わないホワイトボードに黒い布を張って、そこに「クリスマスかい」の文字とクリスマスツリーを作って貼りました。ツリーは、半透明のゴミ袋を三角に貼って、てっぺんにキラキラ光る折り紙で作った星、後は、折り紙で折ったブーツや動物や小さなツリーなどをところせましと貼り付けました。 

よしたかくん、しゅうへいくん、あおとくん、みことちゃん、ひびきくん、みやびくん

 

おやすみ

とうこちゃん、あおいちゃん、なぎさちゃん、なつみちゃん

 

今日はお天気がイマイチで、子どもたちは、日中遊び足らなかったみたい。みんなが集まるのを待つ間、ありあまるパワーを存分に発散させていました。

 

遅れて来る子、おやすみの子以外が揃ったところで、スキップトゥマイルーのはじまりです。ここで徐々にエンジンがかかってくる子もいます。

 

絵本は、もちろんクリスマスにちなんだもの。でも、リクエストがあって、『だっだぁー』も読んでもらいました。みんな、絵本の顔…というか、さんしろうさんの顔をまねして、面白かったです。

そのあとで、『さんかくサンタ』『みなみのしまのサンタクロース』をうたってもらいました。

 

さて、いよいよケーキ作りです。まずはきれいに手を洗いましょう。足をたたんだままの長机を2つ出して横に並べ、作業台兼食卓に。

 

大きなボールを2つ用意して、片方には氷水、もう一方には生クリーム。ハンドミキサーでホイップします。さんしろうさんと私で5分立てくらいまでいったら、お母さんに支えてもらいながら子どもたちもかわりばんこにハンドミキサーを持ち、泡立てのお手伝い。

角が立つようになったら、絞り出し袋に詰めます。その間にさんしろうさんがケーキのスポンジを用意してくれます。イチゴ担当の子はお母さんと一緒にイチゴを洗ってカットしてくれました。ここからしばらくは、みんなでさんしろうさんの作業を見学。スポンジの半分にクリームを塗り、うすく切ったイチゴを並べ、もう半分でサンドします。サンドしたスポンジをまわしながら、外側にクリームを塗り、均等にならします。真っ白いケーキができたら、みんなの出番。順番に絞り出し袋でクリームをしぼり、イチゴを飾ります。みんなとても上手です。得体の知れないケーキができあがる覚悟はありましたが、なんのなんの。イチゴたっぷり素敵なケーキになりました。

 

できあがったら食べたい気持ちをガマンして、ケーキは一旦下げます。今日は、みんなで美味しいものを持ち寄ったのですから、まずは楽しい食事会。いろいろなごちそうがならんで、豪華な食事会となりました。

 

たくさん食べておなかいっぱいになったら、部屋の中を走り回って遊びます。ちょっとしたバトルもくり広げられつつ、走る走る。

 

簡単に食事の後かたづけをしたら、ケーキの登場。さんしろうさんが人数分で切り分けてくれました。ケーキもいただき、おなかいっぱい。するとさんしろうさんがたくさんの紙袋を用意してくれて、簡単な工作がはじまりました。取っ手を残して紙袋をブーツの形に切り、周りをぐるりとホチキスで止めたらできあがり。みんな一生懸命ホチキスどめをしました。できあがったブーツには、さんしろうさんがお菓子をたくさんいれてもらいます。

 

おまけにもうひとつ。半透明のツリーに飾ってあった折り紙ブーツにお菓子をひとつずつ入れて、みんなにプレゼント。好きな色のブーツと、折り紙で折ったかざりを好きなだけ持ち帰ってもらいました。

 

折り紙もお菓子も作ったブーツのバッグに入れ、今年最後のことば塾もおしまいです。

 

次回は、1月12日。風邪などに気をつけて、よいお年をお過ごし下さいね。来年また、元気にあそびましょう。

 

 

おたより、ご質問など